中級者向け!リスニング力がぐーんと上がるK-POPを使ったオススメの韓国語勉強法

こんにちは、アラサーK-POPオタクのyueです!

 

今日は前回ご紹介した

K-POPを使った韓国語学習方法

中級編についてお話しいたします

 

ある程度ハングルを読めるようになり

初級単語や文法もわかるようになった方に

さらに効果的な学習法をご紹介いたします!

 

中級者向けK-POPを使った韓国語学習のポイント

前回お伝えした学習初心者の方向けの

K-POPを使った学習方法は

とにかく好きなものを使って楽しく

続けるられることが一番の目的でした

 

ある程度初級の内容を理解した後は

「楽しさ」にさらに「効果性や効率性」

をプラスした学習方法が必要です

 

その効率的で効果的な学習にするために

重要なポイントの一つが

学習でアハ体験をすることです

 

アハ体験を繰り返して定着させよう

アハ体験という言葉を聞いたことはありますか?

 

今までわからなかっとことが、

ふとした瞬間にピン!ときてわかるようになる

あの瞬間の体験のことです

 

分かった瞬間に英語で”Aha(アハ)!”

というのでアハ体験というそうです

 

この瞬間に脳が活性化され

より効率的・効果的に学習できるそうです

 

空耳とアハ体験

みなさん、日本語や英語の歌を聞いていて

空耳をしたことはありませんか?

 

ずっとこう言っている!と思ったのに

歌詞を見ていたら全然違った!

 

ただ、歌詞を知ったあとは

その歌詞の通りにしか聞こえない!

 

という経験はありませんでしょうか?

 

ちなみに私はこんな空耳がありました

ずっとフェスティバル(ふぇすてぃぼー)だと

思っていた言葉が実は「まず初めに」という意味の

First of all (ふぁすたぼー)だったんです(笑)

 

文字で見ればわかるものが

耳で聞くだけではわからなかったのです

 

その時、私はアハ体験をしました!

 

これを機にfestivalとFirst of all 

を聞き取れるようになりました

 

今までわからなかった部分がわかる瞬間を

学習の中でも取り入れていくことが大切です

 

 絶対伸びる勉強法!書き取り

ではどのようにしてアハ体験を韓国語学習に

さらにはK-POPを使った学習に

取り入れると良いのでしょうか?

 

そこでオススメなのが

받아스기(=書き取り)という方法です

 

書き取り(받아스기)とは?

 

書き取りとは、聞いたものを書き出すことです

 

聞き取りは聞いて内容を理解すること

書き取りは聞いた言葉を文字で書くことです

 

この書き取りが非常に中級学習者に有効的な方法です

その理由は以下の2つです

 

自分が聞き取れない語を明確にできる

聞き取りだけでは、自分が聞けなかった部分が

曖昧なまま終わってしまう場合が多いです

 

一方で書き取りをすることで

自分が書けなかった部分や間違えた部分を

明確にすることができます

 

それにより自分が苦手な部分を把握でき

より効率的に学習することができます

 

想像する力がつく

書き取りを何度か繰り返していると

わからないところがあった際に

「もしやここに入るのはこの単語では…」

 

「耳ではこう聞こえるけどこれはㅇ(ん)

ではなくㄱパッチムの発音の変化では…」

 

などと予測や推測ができるようになります

 

これを繰り返すことでリスニング力が身につき

効果的に学習することが出来ます

 

 K-POPを使った書き取り学習方法

それでは実際にK-POPを使った

書き取りの学習方法をご紹介いたします

 

学習方法と手順

学習手順は以下の通りです

 

1.事前準備

曲を選ぶ

まず、書き取りをする曲を選びましょう

 

普段から聞いていて歌詞をよく見たことがない

そんな曲を選ぶとやりやすいです

 

ラップや英語の多い曲は避けるようにしましょう

 

書き出すもの用意する

実際に書き出すための準備をしましょう

 

紙とペンでも、スマホに打ち込む形でも大丈夫です

 

2.歌詞の書き取りをする

曲を再生する

選んだ曲を再生しましょう

1曲全てをする必要はありません

 

サビだけ、Aメロだけなど好きな部分だけを

一部を区切って行うことをオススメします

 

音楽アプリやYouTubeで歌詞や字幕が

表示されない設定にして再生しましょう

 

3〜4回を目処に再生してください

 

聞こえた音をハングルで書き出す

聞こえてきた韓国語をノートやスマホに

書き出してみましょう

 

ハングルのスペルも単語の意味もわかると

スラスラ書き出せると思います

 

一方で、わからない部分こそ大切なので

なんと聞こえるかを当て字のハングルでも

良いので書き込んでみましょう

 

文を完成させて訳してみる

書き取った歌詞を訳してみましょう

この時聞き取れなかった部分や

意味がわからない部分がでてきます

 

自分がわからなかった部分を明確にしましょう

 

3.答え合わせをする

歌詞を見て答え合わせをする

翻訳サイトなどをみて実際の歌詞と

自分が書き取った歌詞を比較しましょう

 

また合わせて訳も確認しましょう

 

知らない単語や文法をチェックする

答え合わせをして自分がわからなかった

単語や文法などを確認して調べましょう

 

また、発音の変化などにも注意して

それぞれ発音と意味をしっかり理解しましょう

 

4.意味を理解して音読する

音読をする

意味を理解した上で3〜4回音読してみましょう

ゆっくりで良いので読んでそのフレーズが

言えるように練習しましょう

 

5.一緒に歌う

まずはハングルを見ながら

その後にハングルを見らずに歌ってみましょう

 

発音だけ真似して歌うのではなく

このフレーズはこんな意味というのを

しっかり理解して歌うようにしましょう

 

 書き取りのポイント

手順の中でご説明したポイントをまとめます

 

ワンフレーズだけでもOK

私は基本2〜3文の歌詞で行います

 

日頃から歌を聞いていて

なんとなくここの歌詞よくわからない…

というところにスポットを当てて行っています

 

全ての手順を行うと意外とパワーがかかるので

まずはワンフレーズなどで挑戦してみてください!

 

書き取れなくてもハングルで何か書く

全然何て言ってるかわからない!!

ということがあると思います

 

そんな時は

聞こえた音をそのままハングルで書きましょう

 

この時、できるだけカタカナではなく

ハングルで書くようにしましょう

 

自分がどう聞き取って答えとどう違っていたかが

より明確になり効率的に学ぶことができるためです

 

このようなポイントに気をつけて

ぜひ実施してみてください!

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

今回はK-POPを使った韓国語学習法として

中級者向けの学習についてまとめてみました!

 

ぜひ好きな曲を使ってアハ体験をしながら

楽しく学習してみてくださいね!

 

それでは、今日はここまで!あんにょん

yue

K-POPアイドルと韓国ドラマをきっかけに「推しの言葉が分かるようになりたい!」と韓国語学習を開始。忙しい仕事や家事の合間を縫って楽しくオタ活しながら学習を続け、今ではイベントで推しと韓国語で会話できるまでに!!
韓国人の彼氏に呆れられつつも相変わらずオタ活満喫中!推しを追いながら楽しく韓国語を学びたい方へ情報発信していきます★

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です